酪農経営支援総合対策事業(酪農経営安定化支援ヘルパー事業)

 酪農従事者が、病気、事故、出産、忌引き、父母等の病気見舞いに伴う里帰り、育児サポート、研修等への参加などの理由で仕事を休む場合に酪農ヘルパーを利用することができますが、この酪農ヘルパーを一定期間継続的に利用したときに、利用料金の一部を補塡することにより、酪農家の負担軽減を図る制度です。
 次ような酪農ヘルパー利用組合の強化等に取り組んでいます。

(1)酪農ヘルパー事業の普及・啓発、出役活動調整等のための推進協議会の開催等

(2)利用組合の運営改善

(3)広域利用調整等の促進

(4)酪農ヘルパーの傷害補償保険および損害賠償保険の加入促進

(5)家畜防疫対策に係る計画の作成および防疫機器等の整備

(6)酪農ヘルパー事業を推進するための地域独自の取組

(7)酪農経営安定化支援ヘルパー事業の円滑な推進を図るための推進指導

(8)酪農ヘルパー推進事業

新着情報

該当する投稿は見つかりませんでした。

ページトップに戻る