牛疾病検査円滑化推進対策事業

①死亡牛検査処理安定化対策

 飼養していた牛が死亡した場合、その発生場所から化製場等までの適切な管理・輸送の促進と死亡牛の適正処理を支援し、死亡牛の円滑な処理を安定化するための事業です。

①死亡牛検査支援対策

 県が行う死亡牛のBSE検査が円滑に行われるように生産者を支援する事業です。

家畜生産農場衛生対策事業

 高病原性鳥インフルエンザ等の家畜伝染病の発生に備えた防疫演習や飼養衛生管理基準に基づく防疫対策への取組の徹底・啓発等の事業を行い、地域自衛防疫体制の強化・定着を図る事業です。

家畜防疫互助基金造成等支援事業

 口蹄疫、豚熱等、伝播力が極めて強く、畜産経営に極めて重大な影響を及ぼす疫病が発生した場合、その影響を緩和するため、生産者自らが積立を行い、発生農場が経営再開までに必要とする経費を相互に支援する仕組みに、国が支援する事業です。

 なお、当協会では、乳用牛、肉用牛、養豚農家が対象です。

新着情報

該当する投稿は見つかりませんでした。

ページトップに戻る