採用情報

2024.06.18

採用情報

畜産系技術職員(正規)

採用予定日 令和7年(2025年)4月1日
応募資格

滋賀県の畜産業の振興・発展に役立ちたいという意欲があり、次のいずれかの条件を満たす方

(1) 新卒者
大学院、四年制大学、短期大学または農業大学校(道府県によって名称は異なる。2年制以上の専門コース) で畜産関係の課程を専攻して、令和7年 (2025年)3月に卒業または修了する見込みの方

(2)社会人経験者
上記の学歴を有する社会人または畜産に関わる会社、団体等において3年以上の技術的業務の就業経験のある社会人の方で、昭和60年(1985年)4月2日以降に生まれた人

主な仕事の内容 当協会では、健全な畜産業の振興と消費者への安心安全な畜産物の安定供給に寄与するため、国(農林水産省)や滋賀県(農政水産部)と協議、協力し、JA等の関係機関と連携しながら、様々な公益的業務を行っています。
※デスクワークが中心ですが、農場等の現場での業務もあります。
勤務地 〒523-0896
滋賀県近江八幡市鷹飼町北4丁目12-2 グリーン近江農協八幡駅前事業所2階
(JR琵琶湖線近江八幡駅北口から徒歩5分)
勤務時間 8:30~17:15(休憩時間12:00~13:00)
休日 土曜、日曜(完全週休2日制)、法律で定める祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
休暇

①年次有給休暇 20日間

②特別休暇
・夏季休暇 3日間
・病気(私傷病)休暇 最大90日間(有給) ほか

給与

①基本給(滋賀県職員給与条例に準拠した本会給与規程による)
・大学卒初任給 217,580円(地域手当を含む)
・短期大学(農業大学校を含む)初任給 198,445円(地域手当を含む)
・院卒および社会人経験者は、上記に加え、学校卒業以降の経歴、経験を加味して決定します。

②諸手当
扶養手当、地域手当、通勤手当、期末・勤勉手当(賞与)、管理職手当、時間外勤務手当、休日勤務手当、住居手当、資格手当および退職手当

③賞与
年2回(6月・12月)支給 年間4.5か月分(令和6年度予定)

④昇給
原則として年1回の定期昇給

福利厚生 ・各種社会保険(協会けんぽ、厚生年金、雇用保険、労災保険)加入
・民間損保の傷害保険加入
・健康診断料全額協会負担
・マイカー通勤可(通勤手当支給 駐車場無料)
研修制度 ・公益財団法人中央畜産会(東京)主催の各種研修(新任基礎等)に派遣
・その他中央団体等が主催する各種研修に随時派遣(県外)
・採用後は、先任職員がOJTにより指導

応募手続き

(1) 受付期間
令和6年6月3日(月)から7月31日(木)まで

(2) 申込方法
(1)の期限内必着で、次の書類を郵送(レターパックまたは特定記録郵便)または直接持参してください。
①エントリーシート(自筆・写真貼付 )
※指定書式を次のリンクからダウンロードしてご利用ください。
pdfファイルエントリーシート(MS-Word形式)
pdfファイルエントリーシート(PDF形式)
②学業成績証明書
③卒業または卒業見込証明書
④小論文(400字詰め原稿用紙3枚以内 パソコンでの作成可 ただし、代筆や生成AI等の使用は不可)テーマ:「日本(または滋賀県)の畜産について思うこと」 

選考方法

(1) 第一次選考
提出いただいた書類を審査し、選考結果を8月中旬までにe-mailで連絡します。選考合格者には適性検査(SPI3)の受験方法(自宅等からWEBで受験できます)をお知らせしますので、指定する期限(9月上旬を予定)までに必ず受けてください。

(2) 第二次選考
第一次選考通過された方に対し、9月下旬から10月上旬の間に面接試験を実施します。面接は対面で当協会の会議室で行います。(具体的な日時場所は、一次選考通過者に、e-mailと郵便でお知らせします。)

合格発表 令和6年10月中に、第二次選考受験者に対し、合否をe-mailと郵便でお知らせするとともに、当協会ホームページで合格者の受験番号を発表します。

 

問合せ、応募書類提出先
    〒523-0896 滋賀県近江八幡市鷹飼町北4丁目12-2
  一般社団法人 滋賀県畜産振興協会(担当:北村)

 問合せフォーム:https://shiga.lin.gr.jp/contact
 TEL:0748-33-4345
 FAX:0748-33-4329
 e-mail:alisp@mx.biwa.ne.jp
 URL:https://shiga.lin.gr.jp

令和7年度職員採募集要項はこちら

経営相談窓口
ページトップに戻る