優良肉用子牛生産推進緊急対策事業

 新型コロナウイルス感染症の枝肉低下に伴い、子牛価格が急落することによる肉用生産基盤の弱体化が懸念される状況にある。
  このため、畜舎の環境改善や疾病防止等を通して経営改善に取り組む肉用子牛生産者に対し、奨励金を交付し、肉用牛生産基盤の安定に資する。

 対象となる子牛
 肉用子牛生産者補給金制度に登録済で、令和2年5月〜12月に販売した子牛
   (2ヶ月未満の子牛で本会に申込後、負担金を納付し制度に登録されたもので、
    自家保留や市場出荷で本人取したものを除き、販売した子牛)

 

 交付対象者
  奨励金の交付対象者となる肉用子牛生産者は、生産者補給金交付契約を締結している者であって、飼養頭数を維持することを目的として次のア〜エの項目のうち2つ以上に取り組む者で、「優良肉用子牛生産推進緊急対策事業経営改善計画書」をあらかじめ作成し、本会に提出する。

  ア 畜舎環境改善 イ 経営分析 ウ 子牛の疾病の防止 エ 繁殖雌牛又は子牛の栄養状態の改善

優良肉用子牛生産推進緊急対策事業 発動基準

品種区分発動基準@発動基準A
奨励金単価(1万円/頭)(3万円/頭)
黒毛和種60万円57万円
褐毛和種55万円53万円
その他の肉専用種35万円34万円
交雑種30万円29万円
乳用種18万円17万円


戻る

Copyright(C) 2020 Shiga LiveStock Association