看板画像   平成19年度 地域畜産ふれあい体験交流推進事業
                 第二回 地域交流牧場協議会を開催
   

その立地条件との関係から、一般の生活から離れたところにあり消費者が畜産生産の現場や、畜産の果たしている役割について知る機会が少なくなっています。
 このことから、下記機関や団体で構成する滋賀県地域交流牧場協議会を設置し、地域畜産体験交流会や畜調理体験教室の開催およびホームページを利用した畜産ふれあい情報の提供をしていきます。

本画像

 平成20年2月27日 JAグリーン近江 八幡東支店において、平成19年度の第ニ回協議会を開催しました。今年度に取組んだ内容について報告とこの事業は2ヵ年にわたって取組みましたが、今後の活動について協議をしました。
地域交流牧場協議会の開催
       
事業方針や計画等について検討会をはかり、関係者の交流により事業効果を高める。
地域畜産体験交流会の開催
   
消費者や小学生等を対象として、畜産現場での体験や畜産に携わる方のお話から畜産の理解を深めていただく交流会を開催とする。
畜産加工調理体験教室の開催
   
畜産関係者からの畜産や畜産物に対する紹介や、栄養豊富な畜産物や農産物を使ったおいしい調理の仕方や食べ方について知り、日常生活に活かす機会とする。
地域畜産ふれあい体験交流情報の発信
      
ふれあい牧場の情報や地域イベントの情報を発信し、相互理解のための利便性を図っていく。

平成19年度の計画
1.  地域畜産体験交流会の開催
  • 内   容:
      肉牛牧場、養豚場で実際の和牛の母牛や子牛、母豚や子豚を見学し、農家のおはなしやエサやりを体験します。また、ソーセージづくりを体験し、その楽しさとともに食べ物の大切さを知 る機会とします。
  • 募集方法:
     小学生と保護者のペアを対象に一般公募により実施します。
2.  畜産加工調理体験教室の開催
  • 食育の観点から、やがて成人となる高校生や若い方に深く理解してもらうことが大切との意見を踏まえ、県内の高校生や若い方を対象とした公募により実施します。いづれも、畜産関係者の話と調理体験で構成します。
               
  • 1回 牛肉や豚肉と農畜産物を使った料理教室           対象者:県内 一般公募
  •       
  • 2回 牛肉や豚肉と農畜産物を使った料理教室           対象者:県下の高校生
3.  地域畜産ふれあい体験交流情報の発信

    この事業の取組みや県内の牧場関係施設やふれあい牧場としている個人牧場のほか、関係イベントを紹介していきます。また、地域で独自に学校の生徒などの見学の受入している牧場の調査などを実施し、その結果報告をしていきます。

本画像

平成19年9月14日に開催した平成19年度 第一回地域牧場協議会の様子

地域牧場協議会写真1

地域牧場協議会写真2


地域牧場協議会写真3 地域牧場協議会写真4

戻るボタン