H19年度 牧場見学アンケートを実施しました。


   県内の畜産経営213戸にお願いしまして、牧場見学受入状況についてアンケートを実施しましたので、その概要についてお知らせします。
  回答数は65戸で回答率は31%でした。これによると、ここ数年に県内の畜産経営には見学する方々が増加していること、畜産経営では地域や教育に貢献できることから積極的に対応されている反面、生産性への影響や見学者の安全確保の課題が伺われました。


H20年 2月27日 地域交流牧場協議会を開催しました。

 
 平成19年度の事業報告や今後の協議会活動について話し合いました。


H19年12月8日 畜産加工調理体験教室を開催しました。

 

 草津市で県内高校生を対象に、近江牛と滋賀県産豚肉を使ったクッキングをテーマとして開催しました。

H19年12月1日 畜産加工調理体験教室を開催しました。

 

 近江八幡市で一般公募により、近江牛と滋賀県産豚肉を使ったクッキングをテーマとして開催しました。 

H19年10月6日 チャレンジ肉牛 養豚ふれあい体験交流会を開催しました。

 

  現地研修会として、肉牛牧場、養豚場ふれあい体験およびソーセージづくり体験を開催しました。

H19年 9月14日 平成19年度 第一回 地域交流牧場協議会を開催しました。

  
今年度の初めての協議会を開催し、畜産について一般の方々に理解していただくことや食育にかかわるこの事業進め方について話合われました。

H19年 3月 8日 地域交流牧場協議会を開催しました。

 

H18年12月 9日 第2回 畜産加工調理体験教室を開催しました。

  第2回目は安全・安心で新鮮な滋賀県産たまごと県特産物の「近江しゃも」を使ったクッキングを開催しました。県内の高校生が参加して取り組みました。第1回と同様に調理前には、滋賀県の養鶏と「近江しゃも」について経営者の方から話していただき、調理後には管理栄養士の方から高校生にとっての栄養の大切さについて話していただきました。

H18年12月 2日 第1回 畜産加工調理体験教室を開催しました。

  第1回は牛乳を使った簡単クッキングとして10種類もの調理に県内の大学生が取組みました。調理の前には、酪農家から酪農の状況や酪農生活の話と、調理後には管理栄養士から身体と栄養の関係の話をしていただきました。

H18年10月14日 畜産体験交流研修会を開催しました。

  畜産体験交流会として、親子で酪農ふれあい体験を開催しました。地元の小学生とその保護者が参加し、牛乳とうふ、バター作り、酪農家のお話、乳牛飼料給与体験などにチャレンジしました。


H18年 9月 8日 地域交流牧場協議会を開催しました。