滋賀県近江しゃも普及推進協議会

近江しゃもについて

滋賀県畜産技術センター

近江しゃもは、滋賀県畜産技術センターで昭和63年から研究がスタートし、 開発された高級肉用鶏です。平成5年に当時の知事に命名されました。平成6年には、生産者と販売者で構成する「近江しゃも普及推進協議会」が発足し、以後、オーナ制度の試みや全国公募によるポスター作成、各農業関係など各種のイベントによる普及啓発などにより、美味しい肉鶏として広く親しまれています。

近江しゃもは、横班プリマスロックの雌(産卵良好・肉質良)に、ニューハンプシャーの雄(早熟生・産肉性良)を、掛けてできた子の雌に、軍鶏(鶏で肉質最高)の雄を掛ける三元交配種です。

交配様式

しゃも♂×(ニューハンプシャー種♂×横斑プリマスロック種♀)♀

お母さんのNBは肉が多く、卵をよく産む鶏です。
お父さんのしゃもは肉の味がおいしいです。

特徴として三元交配により、生産性と軍鶏独特の食感と旨さを兼備え持ちます。一般的な鶏の約3倍もの間、豊かな緑と水に恵まれた近江の自然の中で、のびのびと育った近江しゃもは、味・コク・歯ごたえ・栄養バランス、どれをとっても一級品の地鶏です。

ページトップ
近江しゃもの鍋料理や焼肉料理の作り方を掲載
レシピのダウンロードはこちら
ページトップ