第11回全国和牛能力共進会情報

第11回全国和牛能力共進会

第11回全国和牛能力共進会滋賀県予選

 平成29年6月13日に第11回全国和牛能力共進会滋賀県予選を開催した。審査員には(公社)全国和牛登録協会 参与 池田和徳氏ほか県審査委員で体高、胸囲、体重測定値や体型を審査し、出場した11頭(うち欠場3頭)の中から代表牛2頭と補欠牛1頭を選んだ。
 選ばれた牛は、平成29年9月7日〜9月11日 宮城県県で開催される第11回全国和牛能力共進会の肉牛の部に出場する。



                

   区分   名号     飼育者      

   代表牛  紀幸 号  田井中 龍史
   代表牛  統治 号  樋廻  哲也
   補欠牛  寛史 号  木下  幸雄


池田審査員 講評
 生産効率の点から23ヵ月肥育を目標にこの共進会は行われる。しかし、実際の肥育は30ヵ月で行われていることから、対応することは難しい。今日の審査会の日程では、700sは超えていることが一つの基準となる。出場牛で700sを超えたものは、肥育度指数でみても順調な仕上りと言える。外形からの評価であり、肉質やロース芯面積はわからないが、肩の張り、中躯、後躯の大きさおよび新しい血統などを評価して選考した。

滋賀県予選 代表牛

 
飼育者  田井中氏 と 代表牛 紀幸 号    飼育者  樋廻氏 と 代表牛 統治 号


Page Topへ

Copyright(C) 2014 Shiga LiveStock Association